知はときに深く秘せられなければならない。

播磨灘物語 〜司馬遼太郎〜